学外からの理工UNIXへの接続方法

このページは、学外のコンピュータ(Windowsの場合)から理工UNIXに接続するための方法を記したものです。自宅からプロバイダ経由等で接続する場合に本手順を実施してください。


1. ssh対応TeraTermのインストール
  1. TeraTerm本体のソフトウェアをダウンロードします。
    http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/
  2. ダウンロードしたファイルを実行します。インストールが開始されます。途中オプションの選択がありますが、デフォルトで結構です。
  3. インストールが完了したら、「スタート」→「すべてのプログラム」→「UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2」内のUTF-8 TeraTerm Proを実行します。
2. 「VPNを利用した学内ネットワーク接続サービス」を利用して学内ネットワークへ接続
    「VPNを利用した学内ネットワーク接続サービス」の概要は、 こちら を参照ください。VPN接続を行うためには、VPN接続用ソフトウェアをインストールする必要があります。インストール方法および接続方法詳細については、
    MyWaseda
    ログイン後の
    • グローバルメニュー(上部)
      [ITサービス]
      • →サービスメニュー(右側)
        [ヘルプデスク]
        • →[マニュアル等]
          • →[ネットワークサービス]
            • →[VPN利用による学内ネットワーク接続]
              • →[マニュアル]及び[ソフトウェア]を参照ください。
3. 理工UNIXサーバへのログイン
  1. TeraTermを起動します。
  2. "Tera Term:新しい接続"ウィンドウが開きます。
  3. 理工UNIXサーバ(muse01)に接続します。ホストに"muse01.mse.waseda.ac.jp"
    注 : 2012年度秋学期より入口がmuse01のみとなりました)と入力、サービスはSSHを選択、バージョンにSSH2を選択しOKボタンを押下します。
  1. "セキュリティ警告"ウィンドウが開いた場合、チェックボックスにチェックを入れ"続行"ボタンを押下します。
  1. "SSH認証"ウィンドウが開くので、ユーザ名、パスワードを入力し"OK"ボタンを押下します。
    ユーザ名、パスワードは、理工UNIXシステムのアカウントを使用します。
4. ターミナルの漢字コードを変更
  1. 「設定」メニューから「端末」を選択します。
  2. 「漢字(受信)」及び、「漢字(送信)」を"UTF-8"に変更し、"OK"ボタンを押下します。



ご参考

★TeraTermの使用した本手順は、WindowsからのUNIX端末への接続方法の一例です。
  UNIX のさまざまなフリーソフトウェアを Windows に移植したCygwinを使用する方法もあります。

  Cygwin公式サイト:http://sources.redhat.com/cygwin/

★Machintoshを使用する場合は、MacSSH等のターミナルソフトウェアで本手順と同様に接続が可能です。

  MacSSH のインストーラのダウンロード:http://sourceforge.net/projects/macssh/


もどる